通学型の医学部の予備校

医学部の予備校として真っ先に思い浮かぶのは教室のある通学型の予備校ではないでしょうか。こちらのメリット、デメリットを踏まえた上でどのように選べばよいのかを紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

通学型の予備校のメリット

医学部受験を目指して利用する予備校として通学型を選ぶのは勉強する習慣を作りやすいのがメリットです。自宅で勉強しようとしても他のことに気を取られてしまってなかなか集中できないという人も予備校に行けば…

通学型の予備校のデメリット

通学型の予備校に通うデメリットとして大きいのは余計な時間を取られてしまう部分が多いことです。医学部受験を目指すとなるとかなりの勉強時間を確保しなければなりませんが、通学することによって往復するため…

通学型の選び方

実績が自分に合っているかを確認

医学部受験のための通学型の予備校を選ぶときには、自分が通うのに適しているような実績があるところを選びましょう。進学実績は予備校が公表しているのが一般的で、名立たる医学部に合格している人が大勢いるところなら安心と考えるかもしれません。しかし、医学部受験では各校で癖があるので、あの医学部の受験には強いけれど、この医学部の受験指導は苦手という予備校もしばしばあります。そのため、自分が志望している医学部に合格している人が大勢いるかという視点で実績を確認してみるのが大切です。まだ具体的には志望校を絞り込めていないという場合にも、いくつか候補を決めてその医学部への進学実績が優れている予備校を選ぶようにしましょう。

受けやすい授業時間かを確認

通学型の予備校の場合には授業を受けやすいかどうかも十分に確認する必要があります。学校の授業が終わってから予備校に向かい、時間の無駄もあまりなく、かといって遅れるようなこともなく授業を受けられるかを確認しましょう。また、全ての授業を受けてから自宅に帰るとあまりにも遅くなってしまうようでは体力的にも精神的にも負担になってしまいます。自習する時間も確保することを念頭に置いて、無理のない授業時間になっているかを判断するのも重要です。授業時間外の質問対応などのサービスを使いたい場合には、そのために使う時間もおよそ見積もっておきましょう。それを加味しても負担が大きくない予備校を探し出すのが重要になります。

オンラインの医学部の予備校

近年、一般の大学受験でもいくつかのオンライン予備校が出てきました。そして、医学部向けのオンライン予備校も出始めています。そこでオンラインでのメリット、デメリットを踏まえた上でどのように選べばよいのかを紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

オンライン予備校のメリット

受験期に有名な予備校や塾で、人気の講師の授業を受けようとしても、そうした授業は東京や大阪など都会でばかり開講。地方の生徒さんがそうした人気講師の授業を聞くためにはお金や時間を使って、都会まで受けに…

オンライン予備校のデメリット

オンライン予備校を医学部受験対策に使うデメリットとして授業に臨場感がないことがまず挙げられます。パソコンやスマートフォンを通して講義を聴くだけになってしまうため、質問があってもしづらく、場合によっ…

オンライン予備校の選び方

オンライン予備校を使って医学部受験を目指したいと考えているときにどの予備校を使うかで迷ってしまったら、どういう使い方をしたいかをよく考えてみましょう。使い方によって最適な選び方にも違いがあるからで…